>  > カオスWDバッテリー ベンツW220 Sクラス S430 220083 100Ah用

YOKOHAMA ヨコハマ アドバン フレバ FLEVA V701 サマータイヤ 225/45R18 WEDS ウェッズ Leonis レオニス β GREILA グレイラ ホイールセット 4本 18インチ 18 X 7 +55 5穴 114.3

Sitemap


Home > Weblog > My Mother Earth > India > 通い詰めたアンダマン・ニコバル諸島(1)

カオスWDバッテリー ベンツW220 Sクラス S430 220083 100Ah用

August 30th
2011

カオスWDバッテリー ベンツW220 Sクラス 本州・北海道は送料無料 S430 Bカーボンタイプ 220083 100Ah用

カテゴリー: India, My Mother Earth, Weblog

拙ブログの名称は「フォークランドの風」ですが、実はこれまで一番訪問回数が多い国はフォークランドではなく、インドです。

インドは・・・正確に数えることももはや困難になっているのですが、間違いなく60回は訪問しています。ここ数年はインドでの仕事もなく、すっかりご無沙汰なのですが、90年代は1年に平均4~5回は行っていました。その頃は、特別に「5年ビザ」というのをインド大使館からもらっていて、いつでもインドに行ける状態でした。

 

それにもかかわらず、このブログでは殆どインドの記事は書いていないな・・・とふと気がついたのです(汗)。インドを暫くぶりに思い出したのは、長年のテレビ取材の現地パートナーが、10月に来日するという知らせを昨晩受けたからなのでした。

 

暫く行っていない間に、都市部は目覚しい発展を遂げ、今行ったら間違いなく浦島太郎状態になると思われますが・・・私が足しげく通っていた頃の90年代のインドは、本当に本当にまだまだ「摩訶不思議」「混沌」の言葉がぴったりとくる国でした。

 

60回を超える訪問では、本当にあちこちに行きましたが、中でも5~6年間に渡って毎年訪問した場所があって、それがアンダマン&ニコバル諸島でした。


 (流刑の島の刑務所跡・セルラー・ジェイル/A&Nポートブレア)

アンダマン&ニコバル諸島は、インド亜大陸の東のベンガル湾南部に浮かぶインド領(連邦直轄領)の島々です。今でこそ大分開発が進んでいると聞きますが、私が足しげく通っていた頃は、まだまだ秘境の雰囲気溢れる場所でした。

日本人にはその存在を殆ど知られていなかったと思いますが、2004年のスマトラ島沖地震による大津波でを受け、それがニュースなどで報道されたので、名前だけは耳にしたことがあるという方々も増えたかも知れません。

 

このアンダマン&ニコバル諸島(以下A&N)、実はかつて日本の統治下におかれたことがありました。「インパール作戦」については比較的よく知られているので、第二次世界大戦中のインド亜大陸内における日本軍の進軍については、ご存知の方も多いかも知れませんが、A&Nにおける日本軍による統治時代については、殆ど知られていないかと思います。

 

私がこのアンダマン&ニコバル諸島を10回以上訪れることになったのは、報道番組、ドキュメンタリー番組のロケハンや取材が主な目的だったのですが、そのリサーチについては仕事の枠を超え、もはや個人的興味においても、熱心に足しげく通ったのでした。


 (日本軍の司令部が置かれた、もともとはイギリス人邸宅だった建物) 

この島には2つの大いに興味を惹かれる側面がありました。1つは先述のように第二次世界大戦中に日本の統治下におかれた場所であること。そしてもう1つは、未開の先住民族が住む場所であること。

 

私がこの島に通っている頃、この諸島を訪れる日本人は皆無。そして、それまで訪れた日本人もごくわずか(第二次大戦中を除く)と言っていいほどでしたので、島には日本統治時代のたくさんの貴重な資料・遺跡、そして何よりも貴重な生き証人が残っていて、貴重な資料の多くを、現地の方々の篤志により頂くことが出来ました。

こちらの関係については、資料や生き証人を追って、インド各地を巡っただけでなく、イギリスにまで行って関連の調査を進めるなど、仕事の枠を超えても、私が本格的に取り組んできたライフワークの1つで、その頃のことを思い出しただけでも、胸が熱くなります。

手前味噌になりますが、このアンダマン・ニコバルにおける1)日本軍の統治時代、2)未開の先住民族の研究については、私が日本での先駆けの存在ではないかと自負しています。

 

こちらの第二次大戦・日本統治時代関連の話は長く複雑になるので、最初にまず「未開の先住民族」のことを先に書くことにします。

 

こちらに関する調査については、まず大きかったのが、インド人類学調査機構のパンディット博士との出会いでした。初めてA&Nを訪問する前にA&Nの先住民族のことについて調べていて、パンディット博士が第一人者であることをつかみ、現地でその教えを請い、交流を深めたのでありました。博士のA&Nの先住民に対する情熱や愛情は深く、それこそが私が更に探究心を深めていった原動力でした。

 

一昔前の日本のテレビのバラエティ傾向のあるドキュメンタリー番組で、「秘境の未開の部族民に世界初接触!!」などと派手な看板を掲げた番組がよくありましたが、大抵は、「アディダス」とか書かれたTシャツを着ている人がいたり、調理器具や生活小物といったところのそこかしこに、現代の生活物資があったり スタッドレスタイヤ ダンロップ ウインターマックス02 WM02 245/40R18 93Q & ENKEI エンケイスポーツ RC-T5 8.5-18 タイヤホイール4本セット 245/40-18 DUNLOP WINTER MAXX 02 WM02、そして何より、通訳を介して言葉による接触が可能だったりするので、私としては大きな違和感を感じながら見ていました。

 

ところが、このA&Nに住む先住民。部族種としては5部族あって、4部族は程度の差こそあれ、なんらかの形で既に外界との接触を持っていたのですが、1部族だけ、ひたすら外界との接触を拒み続け、今でも石器時代さながらの生活をしている部族がいました。その名前はセンチネル族。ノースセンチネル島に住んでいる部族でした。

今でも外界と一度も接触を持っていない未開の先住民族は、世界中で100部族ほどいる、といわれていますが、このセンチネル族もその1つというか、おそらくはその中でも最たる存在かと思われます。

先述のパンディット博士が主体となって、インド政府が数回彼らとのコンタクトを試みたのですが、その調査船が近づくと毒矢を放ってきて、船は全く近づけず、その毒矢による犠牲者も出ました。

博士は矢を放ってくる彼らの姿や、彼らが使っている道具などを望遠鏡で見たそうですが、まさに姿も生活ぶりも石器時代そのものだったそうです。私も、その時撮影されたフィルムを見ましたが、この現代社会でまだこんな暮らしをしている民族が!!・・・と本当に衝撃を受けました。

 

結局、インド人類学調査機構を通じてインド政府が行った接触の試みは失敗に終わり、インド政府としては、センチネル族に関してはもうアンタッチャブルで行くという方針になりました(その後2~3転したようですが、結局は未接触のままです)。

 

そして、2004年のあの大地震。
A&Nも津波で大きなを受けました。この調査とそして支援のために、インド政府は北センチネル島の上空にもヘリを飛ばしたのですが、またもやヘリに向かって矢の攻撃が始まったので、そのまま戻ってきたようですが、上空から見た感じではどうやらセンチネル族のは少なく、おそらくは昔からの知恵でこの津波を乗り切ったのではないかと推測されたそうです。

 

2006年には、インド人漁師2人の乗ったボートがノースセンチネル島に漂流してしまい、それを見た別の漁船の連絡を受けヘリが救助に乗り出したようですが、既にこの漁師2人は海岸で殺されているのが確認され 15インチオッティH91系 13インチ装着車WEDS ルーシー LUCY グロスブラック 4.5Jx15ZIEX ZE914F 165/50R15、その遺体収容も矢による攻撃により失敗に終わったという事件もあったようです。

 

今でも時々、A&Nのことを思い出しますが、センチネル族はどうしているんだろう・・・とも考えます。先述した現代社会と接触を持ったほかの少数部族たちは、ニコバル族のようにうまい形で現代社会と融合できた部族もいた(→人口はもっとも多いのですが、2004年の津波が一番酷かった部族)のですが、グレート・アンダマン族のように現代社会との接触により、彼らが全く免疫がなかった伝染病や性病・酒やタバコといった現代の毒で多くが命を落とし、民族消滅の危機に瀕している部族もいます。現在グレート・アンダマン族は、自治政府が作った保護区のような村で暮らしていますが、既にかつて誇った伝統や誇りは失われ、生活保護などに依存する生活です。別の先住民族のオンゲ族も大幅に数を減らし、様々な保護を受けている状態。残りのジャラワ族とションペン族は、90年代末頃から外界との接触もちょぼちょぼとあるようですが、まだ自分たちの伝統生活を維持できるレベルのようなので、何とか彼らが望む方向でうまく生活ができることを祈るばかりです。

ただ、伝統の狩猟採集生活をするにしても、近海の海でミャンマー人やインド人が海洋資源を乱獲し、なかなかその生活環境は厳しいようなので、何とも哀しいものを感じます。

 

次回のインド記事は、A&Nにおける日本軍の統治について書きますが、これは戦争という尋常ではない状態の中でとはいえ、日本軍の統治下で、現地の人々はかなり過酷な状態に置かれたようです。

 

あ、それから最後になってしまったのですが、長らく悩んでいた一時帰宅の件。残念ながら追加申請が通らなかったので、明日両親2人だけで最後の一時帰宅に行くことになりました。いろいろ複雑な思いはありますが・・・仕方ありません。

いろいろご心配くださり、親身なアドバイスをくださった皆様、本当にいろいろお世話になりました。改めて御礼申し上げます。

 

| RSS

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-26200